Arkhe専用プラグインについて

このページでは、「Arkhe専用プラグイン」について解説しています。

ショップページにて販売しています。

各プラグインの機能について

個別に解説ページを用意しています。

Arkheプラグインの販売形式について

プラグインの購入 + ライセンス契約」を組み合わせることで、Arkheテーマの本領が発揮される形になっています。

少しややこしいので、要点だけまとめておきます。

Arkheライセンスを契約すると可能になること

  • 所有するArkheプラグインを常に最新版へアップデートすることが可能になります。
    • Arkheテーマ本体にライセンスキーを入力することで、サイト内から 1クリックで更新可能になります。
    • 当サイトマイページ から最新版のzipダウンロードも可能になります。
  • フォーラム」の利用が可能になり、開発者からの直接サポートを受けることができます。
  • ライセンス契約者限定のSlackコミュニティへ参加できます。
  • おまけ:ライセンス契約者限定で利用できるプラグインをいくつか配布予定です。(追加料金なし)
    • Arkhe Editor (準備中…)
    • その他、開発中プラグインのβテスト用ファイルなど
注意点

ライセンスの購入だけではプラグインは使用できません。
プラグインの本体ファイルはそれぞれ個別に購入していただく必要がございます。

プラグインの本体ファイルについて

各プラグインの本体ファイルは、「現時点の最新版」が「売り切り形式」 で販売されています。
これにより、Arkheライセンスを契約する前にプラグインだけを購入して自分にとって継続的に必要なものかどうかを確認することができるようになっています。

ただし、プラグイン単体ではバージョンアップデートできません。

Arkheライセンスを契約するか、プラグインを再購入することで最新版が入手可能になります。

  • ただし致命的なバグがあった場合は、再購入しなくても修正版ファイルマイページから再ダウンロード可能になります。

プラグインのバージョンアップデートについて

Arkheプラグインのバージョン番号は、x.y.zの形式になっています。(例:1.2.1

  • メジャーアップデート :xの数字が大きくなります。
  • 通常アップデート : yの数字が大きくなります。
    • 機能追加や機能改善、細かな不具合の修正などは基本的にこの通常アップデートとして行います。
    • 「WordPress本体のアップデート」への対応もここに含みます。
  • 修正アップデート : zの部分の数字が大きくなります。
    • プラグイン自身のアップデートで発生してしまった致命的なバグを修正する場合など。

ライセンスを契約していない場合、このxyが変化した最新版を入手するにはプラグインを再購入する必要があります。

例 : v1.2.0時点でプラグインを購入した場合

v1.2.1として修正版がリリースされた場合、そのv1.2.1のファイルはマイページからダウンロード可能になります。
ただし、1.3.0以降のファイルは、Arkheライセンスを契約するか、再購入しないと入手できません。

プラグインファイル自体のライセンスについて

100%GPLライセンスです。

Arkheライセンスキーを所有していなくても、入手したファイルはGPLライセンスの範囲内でご自由にご利用いただけます。