Arkhe Blocks Pro

このページでは、「Arkhe Blocks Pro」の機能と使い方について解説していきます。

プラグインアップデート情報

機能① コアブロックの拡張

Arkhe Blocksでは、後述する「カスタムブロック」を追加するだけではなく、コアブロックに対しても機能の拡張を行っています。

  • ツールバーやサイドバーの設定項目を追加
  • 「ブロックスタイル」を追加

などの機能があります。
詳しくは以下のページにまとめていますので、ご覧ください。

機能② カスタムブロックを複数追加

続いて、Arkhe Blocksによって利用可能になる「カスタムブロック」について紹介していきます。

無料版の「Arkhe Blocks」でも利用可能なブロック

  • アコーディオンブロック
  • Q&Aブロック
  • 説明リストブロック

PRO版で利用可能になるブロック

  • 通知ブロック
  • ステップブロック
  • タイムラインブロック
  • タブブロック

▼ さらに、テーマがArkheでのみ利用可能なブロック

  • 投稿リストブロック
  • 固定ページリストブロック【β機能】
  • RSSブロック
  • ブログカードブロック
  • セクションブロック
  • セクション見出しブロック
  • リッチカラムブロック
  • ボックスリンクブロック
  • タブブロック

「アコーディオン」ブロック

「Q&A」ブロック

質問だよ

回答だよ

またまた質問だよ

またまた回答だよ

「説明リスト」ブロック

説明リストとは

HTMLでいうとdl/dt/ddタグのこと。

用語A

用語の解説とかに使えるよ。

項目と説明を

横並びに配置することも可能!

メニューA

1,000円

メニューB

2,000円

みたいな感じで使えるね!

「通知」ブロック

ポイントだよ

こんな感じで、強調して伝えたいコンテンツを作成できるブロックです。

バリエーションも豊富

3種の「スタイル」 x 5種の「通知タイプ」があるよ

こんなのとか

こんなのとか

警告!

こんなのとか

アイコンも豊富!

アイコンは20種類から選ぶか、Font Awesome のソリッドアイコンを自由に指定可能!

「ステップ」ブロック

STEP
手順そのいち

ステップ形式のコンテンツが作成できます。

STEP
手順そのに

ステップ形式のコンテンツが作成できます。

手順そのさん

番号だけにしたり、色を変えたりもできます!

STEP
スタイルも変えれるよ
すてっぷ
テキスト変えたり
番号なし
にしたりもできるよ
STEP
手順そのいち

こういうスタイルも選べます!

STEP
手順そのに

ステップ形式のコンテンツが作成できます。

STEP
手順そのさん

ステップ形式のコンテンツが作成できます。

「タイムライン」ブロック

YY年MM月DD日
タイムライン形式で

コンテンツを作成することができます。

YY年MM月DD日
コンテンツを作成することができます。

ここに説明文とかも入れられるよ。

  • ここでは
  • 他のブロックも
  • 使えるよ
YY年MM月DD日
色つけて塗り潰したり

できますし、

YY年MM月DD日
アイコンも使ったり

できちゃうんです。

アイコンを使うと、少し大きく表示されます。

ここは日付じゃなくてもOK!
いいね!

「ブログカード」ブロック

内部リンクでも外部リンクでもブログカード化して表示できます。

「ボックスリンク」ブロック

ボックス全体がリンク化したコンテンツを、複数並べて表示できます。

「デフォルト」スタイル

「バナー」スタイル

背景オーバーレイの透明度も設定できます。

「リッチカラム」ブロック

  • PCサイズ / Tabletサイズ / Mobileサイズ ごとにデフォルトの列数を設定可能
  • さらに各カラムは個別で横幅を設定可能
  • 縦位置の調節も可能。

PC4列
Tab 2列 Mobile1列

PC4列
Tab 2列 Mobile1列

PC4列
Tab 2列 Mobile1列

PC4列
Tab 2列 Mobile1列

PC/Tab : 40%, Mobile : 100%

PC/Tab : 60%, Mobile : 100%

60%

40%

縦位置も調節可能



(PCサイズで確認してください)

センター揃え

下部揃え

「セクション」ブロック

コアブロックの「カバーブロック」の高機能版のようなブロックです。
デフォルトで「全幅」状態になっていますが、普通幅でも使用可能です。


セクション見出し

これは「セクション見出し」ブロックです
  • 背景には「単純なカラー or メディア(画像・動画)」を設置できます。
  • 上下の境界線を斜めにしたり、波のようにしたりも可能。
  • セクション全体のテキストカラーも一括で指定できます。

セクション02

  • メディアを背景にした時、
    • メディアは PC / SP で個別に設定できます。
    • メディアの上に被せるオーバーレイカラーも設定できます。
    • 画像であれば、リピート背景も設定できます。

セクション03

「高さ」や「4方向のpadding」を調節したり、
内部コンテンツの位置をどこに寄せるかを設定したりもできます。

※ この半透明エリアもセクションブロックです。

「投稿リスト」ブロック

Arkheテーマのアーカイブページと同じデザインで投稿リストを呼び出します。

表示する投稿数や記事情報・レイアウトなどの設定や、ID・投稿タイプ・カテゴリー・タグ・タクソノミーなどでの絞り込みも可能です。

「RSS」ブロック

RSSフィードのリストを、Arkheテーマに馴染むデザインで呼び出します。


「タブ」ブロック

ここはタブ 1 のコンテンツです。

  • スタイルのパターンは2種類あります。
  • タブがたくさんある場合に、横スクロールで表示させることも可能です。
  • 最初に開いておくタブ番号も設定できたりします。

どのブロックでも配置できます。